言葉には力がある。情報には世界を変える力がある。

言葉のちから

妊娠中に車を長距離乗ることはNG?妊娠中の車についてご紹介

   

妊娠中に車を長距離乗ることはNG?妊娠中の車についてご紹介

妊娠中に車を長距離、乗ってはいけないとは聞くけれど・・・?

いったいどうしていけないのでしょうか?その理由とは?車に乗らなくてはいけない場合はどんなことに注意したらいいのでしょうか?

車を運転する場合には?気になる妊娠中の車について紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

no image
上手に駐車場に車を停めるコツやポイントをまとめてみました!

バッグで駐車場に車を停めるためのちょっとしたコツ! バ...

no image
車のボディのキズ消しにはコンパウンドが効果的です!

車のボディのキズ消しのコンパウンドとは一体どんなもの? ...

no image
私立大学の学費が払えない場合の対処方法について解説します!

私立大学の学費が払えない時は、まずは相談してみましょう!...

no image
日本や世界の空港で着陸が難しい空港はここだ!

日本にも着陸が難しいとされる空港はあるのか? 長野の信...

no image
学校へ行きたくない理由には病気の影が潜んでいる可能性も!

学校へ行きたくない病気について 学校に行けなくなった子...

no image
お酒が強い人に基準はない?焼酎が飲める人は強いのか調査!

お酒が強い人の基準って考えたことありますか?それは量なの...

no image
すっぴんでも目が大きい印象になれる目の周りのマッサージ法

ぱっちり大きい目が素敵!でもアイメイクを落とすと…う~ん...

no image
長女や長男や次男や次女の産まれきた順番に性格は関係しているのか

長男長女や次男次女の兄弟で産まれる順番で性格は決まってい...

no image
コンビニのバイトは廃棄商品を食べれる?〇〇にならないように!

コンビニでバイトしたらお弁当などの廃棄商品を食べれるって...

no image
これでスッキリ!気まずくならずに友達と絶縁する方法

どうしても苦手な友達っていたりしますよね・・・。無理して...

no image
夫がプレゼントをくれないと嘆いている奥様へ

夫と言う生き物は気が利かないのです。 プレゼント→...

no image
彼から連絡がない!1ヶ月も連絡しない男性の心理とは

彼からの連絡がなくなって1ヶ月。いったいどういうつもり?...

no image
中卒で就職するのは難しい?中卒の男性が就ける職業について

中卒で就職する場合、選べる職業にはどんあものがあるのでし...

b830bf7aea79c01023838e56f6999b0e_s
大学はクラスがない?大学で友達を作る為のポイントをご紹介

大学ではクラスがないって聞いたけど、どうやって友達を作るの?...

de23e88ffc45a3142d80dfb57b9e2431_s
上司のメールに追伸は使ってもいい?気になるビジネスマナー

上司にメールを送るとき、追伸やPSは使ってもいいのでしょうか...

75d81b971cf9951b53190d9337ef092a_s
お母さん必見!子供と性格が合わない時の対応について

性格が合わない感じる子供とどう向き合ったらいい? 子供に合...

cdd37ee89530b2230569b269f5bfc784_s
工事の騒音がひどいすぎる!苦情はどこへ!?

工事の騒音などがひどくて困っていませんか?苦情を入れたいがど...

fee863afc9ae5ac3567fd8ecdeecb1c1_s
胃のムカムカが続く時に考えらる病気と危険なサインとは

朝起きて胃がムカムカするが続くことや胃が気持ち悪いなんて経験...

8c15cf8b93f678c87ef45300561e906c_s
コンビニのバイト店員に告白して成功するまでの秘訣!

いつも行っているコンビニ。その店でバイトをしている子を好きな...

792200a2ec7c20a05ba9b7304b16908b_s
イタリアの南部と北部の様々な違いはここだった!

イタリア南部と北部では同じイタリアでも違うところは多いの? ...

スポンサーリンク

妊娠中に車の長距離はいけないの?

☆こまめに休憩が取れる

車の振動がよくない、胎盤が剥がれるなどと言われることもありますが根拠はありません。よっぽど古いガタのきてる車や凸凹道ではない限り振動がすごいということもありませんよね。

ただ、運転をしていなくても疲れますし、腰や背中も痛くなります。こまめな休憩は欠かせません。
同じ体勢でいると血流が悪くなります。1時間に1回は休憩し、車の外に出ましょう。

万が一の時のために休憩場所も事前に確認しておいたほうが良いかもしれませんね。
都会の駐車場はお金がかかります。高速道路のサービスエリアや大きな公園、大型ショッピングモール、コンビニ、道の駅などの駐車場でしたらトイレもありますしおすすめです。

つわりがあまりない人でも、車の振動や暖房でつわりがひどくなる人もいます。
気分が悪くなったら窓を開けるなり外にでるなりして新鮮な空気を吸いましょう。
吐いてしまうことも考えられます。
大きなビニール袋にトイレットペーパーや新聞紙を入れておくと、燃やせるゴミとして処理できて楽ですよ。

車酔いしやすい人はつらいかもしれませんが、酔い止めの薬はNG。脳の吐き気を感じさせる中枢を麻痺させる作用があるので、妊娠中は避けたほうが良いでしょう。薬以外で酔わないような対策が必要です。

手荒い運転はせず、カーブの続く山道なども控えたほうが無難です。

さらに、渋滞にハマってしまったら大変です。事前にルートチェックをしてくださいね。ルートの途中にある産婦人科を調べておくとより安心です。
引用元-どこまでOK?妊婦の長距離移動 | プレママLabo

妊娠中に車で長距離乗るときシートベルトは?

シートベルトについて

妊娠中のシートベルトはお腹の赤ちゃんを
圧迫していないかなどの不安がつきものです。
シートベルトはそのまま装着するとお腹を圧迫してしまうので、妊婦用の装着方法というものがあります。

つけ方は、腰ベルトは、お腹のふくらみを避けて下側を通します。
ポイントは腰骨のできるだけ低い位置にあてることです。
肩ベルトは、肩から胸の間を通し、腹部を避けて体の側面に通します。
引用元-妊娠中は車の運転は避けるべき?本当のところはどうなの? | 妊婦妊娠生活応援サイト

助手席の場合

運転席ではなく助手席の場合
妊娠中などシートベルトを装着することが健康上適当でないものに関しては
「道路交通法第71条の3第1項及び第2項の
やむを得ない理由として装着義務が免除」
つまり、助手席に関してはシートベルトをつけなくても良いということではありませんが、免除されるようです。
ですが、万が一事故を起こした場合にシートベルトを装着していないと非常に危険ですので、必ずシートベルトを装着するようにするか、どうしても無理な場合は助手席には乗らず後ろの座席に座るようにしましょう。
引用元-妊娠中は車の運転は避けるべき?本当のところはどうなの? | 妊婦妊娠生活応援サイト

妊娠中に車を長距離運転することは?

運転して大丈夫な時期は?いつから辞めたほうがいい?

運転する場合は、妊娠初期・中期の体調のいいとき、妊娠8ヶ月以降は控えるべきです。

妊娠初期は体調が不安定になりやすいため、運転中に気分が悪くなる確率が高く、安全面において不安要素が高まりますので運転前に少しでも体調が悪い時は運転を控えるようにしましょう。

また、妊娠8か月以降はお腹がどんどん大きくなり、張りやすくなります。
当然、そのような状態だといつも通りの運転はできなくなりますよね。
運転を避ける目安は妊娠8か月前後ですが、自分の体調を見ながらというのが正解ですね。

ですが、車がないと生活を送れない妊婦さんだと、臨月まで運転される方も珍しくありません。
しかし、臨月になると、妊婦さんの身体は出産にそなえ子宮がかなり下がるため、腰や足の付け根に痛みを感じやすくなります。
そのためブレーキを踏むのが遅れたり、思うように足に力が入らないこともあります。

また、臨月に入れば、いつ生まれてもおかしくない状況です。
つまりいつ陣痛がきてもおかしくない状況です。
運転中に急に陣痛が来てしまい、パニックになってしまうと大変です。

やむを得ず運転する場合は細心の注意を払って運転し、経済的に許すならタクシーを利用しましょう。
引用元-【妊婦の長時間運転は危険】振動が心配・・高速も危ない? | 妊婦力

妊娠中の車の運転を長距離するのはやめておこう!

注意散漫や眠気に注意

妊娠中に運転するときは、制限速度を守っていつもより慎重に運転することを心がけましょう。妊娠中の妊婦の身体は、ホルモンバランスが常に変化しているため、とっさの判断が鈍る可能性があります。

また、いつもなら難なく行っていた車線変更もたくさんの確認作業があることから注意散漫になりがちです。また、運転中に急に眠気が襲ってくることもあります。ふっと意識が遠のいたり、眠気を感じたりしたら一旦停車して落ち着かせるようにしましょう。

足元が見えずに運転を誤る可能性も

お腹が本格的に大きくなり始めるのは安定期からですが、妊娠7ヶ月にもなると大きくなったお腹で、立っている時はもちろんですが、座り方によっては座った時でも見えなくなる場合があります。

普通の椅子やソファに比べれば運転席の高さはそれほどでもなく、車の種類によってはきちんと高さを合わせたとしても足元がお腹に隠れてしまう事も。隠れてしまえば今まで目視できていたブレーキやアクセルが見えなくなり、とっさの運転を迫られた時には間違えて踏んでしまう事も考えられます。

妊娠していない時ならありえない間違いも、妊娠中の集中力不足や注意散漫が原因となって起こりやすくなるのです。
引用元-妊娠中の妊婦が車を運転する時に気をつけること!いつまでいいの? | ニンアカ

妊娠中の車以外の乗り物について

電車、列車は?

駅の階段を昇ったり降りたりはちょっとつらいことです。席に座れたとしてもあまり長時間だとおなかが張るかもしれません。混んでいる時は、おなかを押されて大丈夫かと心配です。通勤時間帯をずらすとか、ゆっくり、ゆっくりを心掛けるとか自分と赤ちゃんを守ることを考えましょう。

引用元-妊娠中の移動手段 | 堀口先生さんのブログ | ベビカム

バスは?

バスはどうでしょうか?席や足まわりが狭いことはちょっと辛いかもしれません。揺れはそれほど問題になることはないでしょうが、吊り革にぶらさがっていて、急停車や高速で曲がった時は、体重が増えた分、よろけやすくなります。極力座席を確保したいものです。混んでいる時は1本見送るとか、始発ターミナルが近くならそちらから乗るという手もあります。

引用元-妊娠中の移動手段 | 堀口先生さんのブログ | ベビカム

飛行機は?

もうだいぶ以前から飛行機の乗り心地はよくなって、離陸の時に耳がおかしくなることはなくなりました。自動車や列車と同じに考えてよさそうです。ただ違うところは乗るまでに別の交通手段を利用しなければならないこと、出発ロビーで少し長く時間を過ごさなければならないことでしょうか。でも、搭乗の時は優先的に入れてくれるでしょう。乗ってしまえばスチュワーデスは妊婦さんや病人に親切です。混んでいなければ、横になる座席も確保してくれるでしょう。
引用元-妊娠中の移動手段 | 堀口先生さんのブログ | ベビカム

その他には?

これだけは避けた方がいいかなと私が考える乗り物はオートバイ・モーターボート・馬などです。バイクは? となると難しくなりますが、あまり飛ばさなければペダルをこがない分、自転車よりいいかなと思います(ただし、これは実験した訳ではありません)。
引用元-妊娠中の移動手段 | 堀口先生さんのブログ | ベビカム

 - 出産・育児・子育て

ページ
上部へ