言葉には力がある。情報には世界を変える力がある。

言葉のちから

子供がトラブルに巻き込まれた。学校に相談する!

      2016/11/07

子供がトラブルに巻き込まれた。学校に相談する!

子供同士のトラブルというのは親の知らないところで起こりますよね。

学校で起きた場合は先生に報告するのがいいの?

子供の成長過程で起こりがちなトラブルに親があまり出過ぎないことや、自分で乗り超える経験も必要かもしれませんね!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

353517
マンションの騒音は意外な音の伝わり方をしていたことが判明!

マンショントラブルで一番多いのが騒音です。音の伝わり方は家屋...

499725
放置すると病気の原因に!ベットのマットレスのカビ対処法

布団と違い干すことが難しいベットのマットレス。いつも見ない裏...

628929
ハローワークに紹介されてから面接までの流れとは?面接の受け方

ハローワークから仕事を紹介してもらって面接を受けるときのポイ...

473744
ドグマチールが副作用で太るのは何故!?気になる原因と対処法

抗うつ剤の一種であるドグマチールは、副作用で太ると言われてい...

629590
ステンレスのキッチン、毎日の手入れがお掃除をラクにする!

ステンレス製のキッチンは手入れがラク!とはいえ日々の汚れは徐...

d9ce16912e8a716481ca7c8a85fdd0c3_s
【ガムが髪の毛に付いた…】ピーナツバターが解決してくれる!

ガムが髪の毛についてしまった…小さなお子さんがやってしまいそ...

d4b73eb873691c919c11dceda16e8067_s
アパレル接客の声かけのコツは?売れる店員はここが違う!

アパレル業は接客が命。声かけにもテクニックが必要です。 ...

8f6276b8548ceed34538d2d0fae01476_s
【園芸初心者は必見】土の表面にカビが生える原因と対処方法

園芸の初心者は土の表面にカビが生えてて驚くこともあるでしょう...

5f65b031dee138d0543f395669f0d417_s
上手に駐車場に車を停めるコツやポイントをまとめてみました!

バッグで駐車場に車を停めるためのちょっとしたコツ! バッグ...

3ba99543d876cc21df51c37ca3dc3321_s
車のボディのキズ消しにはコンパウンドが効果的です!

車のボディのキズ消しのコンパウンドとは一体どんなもの? コ...

5a5fba869dc89f8a5e20aeca396c5ba7_s
私立大学の学費が払えない場合の対処方法について解説します!

私立大学の学費が払えない時は、まずは相談してみましょう! ...

7f63e516b6b6fdd1bc81b62f4c2edecf_s
日本や世界の空港で着陸が難しい空港はここだ!

日本にも着陸が難しいとされる空港はあるのか? 長野の信州ま...

a6b7bbbcc02e1fbe59e2f56d59474ef4_s
学校へ行きたくない理由には病気の影が潜んでいる可能性も!

学校へ行きたくない理由は病気かも? 学校に行けなくなった子...

600246
お酒が強い人に基準はない?焼酎が飲める人は強いのか調査!

お酒が強い人の基準って考えたことありますか?それは量なのでし...

570019
長女や長男や次男の産まれきた順番に性格は関係しているのか

長男長女や次男次女の兄弟で産まれる順番で性格は決まっているの...

470790
コンビニのバイトは廃棄商品を食べれる?〇〇にならないように!

コンビニでバイトしたらお弁当などの廃棄商品を食べれるって本当...

191703
これでスッキリ!気まずくならずに友達と絶縁する方法

どうしても苦手な友達っていたりしますよね・・・。無理して付き...

629408
夫がプレゼントをくれないと嘆いている奥様へ

夫と言う生き物は気が利かないのです。 プレゼント→妻が...

087019
彼から連絡がない!1ヶ月も連絡しない男性の心理とは

彼からの連絡がなくなって1ヶ月。いったいどういうつもり? ...

208215
中卒で就職するのは難しい?中卒の男性が就ける職業について

中卒で就職する場合、選べる職業にはどんあものがあるのでしょう...

スポンサーリンク

子供同士のトラブル。子供の成長過程?あまり親が出過ぎないこと。

気をつけた方がいいと感じていることは、親が出過ぎないことだと思っています。親が解決してばかりだと、子どもが、「自分が何か起こしても親が何とかしてくれる」と思ってしまうようです。
小さい内こそ親が出る意味があるかもしれませんが、ある程度いろいろなことを理解できる年になったら、親同士はこっそりやりとりをして、子どもなるべく子ども同士で解決させるのも必要だと思っています。

親が手出しをしないことに対して、「事が起こってからでは遅い」という思う人もいるでしょうし、実際、そういうケースあると思います。

でも、ずっと守り続けてきた子供が大人になったときに、それこそもっと大きなことに直面したらどうなるでしょうか? 子供の成長過程で、トラブルを自分で乗り越える経験をしておいた方が、長い目で見たら、いいのではないかと思います。
引用元-子供同士のトラブルが起きた時の対処法 | パピマミ

子供のトラブル解決には学校に相談するのが一番

先生に相談する

トラブルが起きる場所が学校外だったとしても、どこで何があるかわかりません。
特に小学校高学年になると、家よりも学校にいる時間の方が長くなりますから、学校の先生に相談することは、大きなトラブルを未然に防ぐ手立てとなります。

先生は中立の立場である

親は子供の味方です。それは、相手の家庭においても同じ事。でも、先生は中立の立場として子供同士を見てくれます。
また、先生の対処の仕方を見て、任せて良い先生なのかを判断する基準にもなります。
引用元-小学生の我が子が友達とトラブル・・親のとるべき対処法とは? | ママズアップ

子供がトラブルを起こしたからと言って、親がアタフタしては子供も不安になります。
子供が沈んでいたり、人に迷惑をかけると、居てもたってもいられない気持ちはわかります。

しかし、親がどしんと構えていなければ、子供も落ち着いて考える事ができません。

トラブルは子供自身の問題です。親が解決する事ではありません。トラブルを乗り越えてこそ、子供は成長するのです。

親は、そんな子供の成長を見守り、困った時には手や知恵を貸す存在であり続けなければなりません。

そのためにも、日頃から常に子供をしっかり見守る事が大切なのです。
引用元-小学生の我が子が友達とトラブル・・親のとるべき対処法とは? | ママズアップ

学校での低学年の子供同士トラブル。解決するためには?

小学生の場合、基本的に子供同士の間に親が入るべきではありません。親が解決に入ってしまっては、子供自身の為になりません。子供はトラブルを起こし、反省して考え、相手の友達と話し合って自分の力で解決する、そうして大きく成長するのです。
ただ、難しい場合もあります。それは、相手の友達の家庭環境です。親に認めてもらえない、家庭に何らかの問題がある子供は人に対して心を開こうとしません。そのような場合、子供同士で解決するより根本的な家庭の問題を先に解決しなければなりません。

どうしても子供だけで解決できない状態が続くと感じたら、学校又は教育委員会に相談しましょう。親として出向いて行けるのは、そこまでです。

そして、後は子供を守りましょう。子供が安心できる環境を、お父さん・お母さんが作ってあげてください。無理にでも学校へ行かせることが大切ではありません。子供の心を安心させてあげることが一番大切です。
親が守ってくれると信じられる子供は、例えトラブルの渦中にいても、強く歩いて行けるはずです。
引用元-子供同士の喧嘩・トラブルに親はどこまで介入すべき?親には知られたくない子供の気持ち | みんなの子育てガイドブック

小学校でおきる子供同士のトラブル。親がするべきこと。

まず基本的に謝罪をするときこちらの非を認めて、心を込めて謝罪をすることがとても大切です。

この時に、「でもお宅のお子さんも・・」とか「うちの子が悪いわけじゃない」というような責任逃れをする言い方は相手を不快にし不信感を抱かせるのでしないようにしてください。

ですが、子供同士の場合は怪我をした子に原因(落ち度)があることも少なくありません。

わが子の言い分だけを信じるのはいけませんがわが子の言っていることを無視して全面的に責任を認めてしまうとわが子の気持ちを傷つけたり、トラブルが大きくなってしまうということもあります。

ママとしては、本当にその判断は難しいですよね。。。

ただ、その難しい判断を間違えないためにも最初に子供から話を聞くときは冷静になって事情を聴く必要があるわけです。

子供の話に矛盾はないか?
どうしてそのようなことになったのか?
冷静に話を聞いて、わからないことは子供に質問をして、なるべく正確にその状況について把握するようにしてください。
引用元-小学校で起きたトラブル対処法!怪我やけんか?謝罪の仕方は? | 教えて!知恵袋探検隊♪

友達とのトラブル。ケンカ後の仲直りの仕方は?

後腐れなく仲直りするコツ

ケンカをして、なんとか仲直りはできたけれど、消えないしこりが残ってしまった…。となると、元のように笑顔で接することが難しくなってしまいますよね。

そうならないように、ケンカのしこりを残さず、キレイさっぱり仲直りすることが大切です。謝るときは、とにかく「正直に」「素直に」謝りましょう。

・「言い訳」や「嘘」は禁物です。
お互いに気持ちをすべて吐き出してしまえば、すっきりして、後腐れなく仲直りすることができますよ。

注意点

中学校では、毎日顔を合わせることになるので、ケンカして腹が立った気持ちが冷めきらないまま相手に会い、再びケンカになってしまうこともあります。

ケンカをしてしまったときには、できるだけ迅速に気持ちを落ち着ける努力をしましょう。家に帰って、兄弟や姉妹、両親などにケンカのことを話せば、いくらか気持ちがすっきりし、落ち着きます。

・他の友人に相談すると、その友人もケンカに巻き込んでしまい、話がややこしくなることがあるので注意しましょう。
引用元-素直な気持ちで謝ろう!中学校の友人とケンカしてしまったときの対処法 | nanapi 【ナナピ】

 - 勉強・学校

ページ
上部へ