言葉には力がある。情報には世界を変える力がある。

言葉のちから

幼児の発熱で原因不明な場合、こんな病気が隠れているかも

      2016/11/30

幼児の発熱で原因不明な場合、こんな病気が隠れているかも

突然の幼児の発熱。

苦しそうな子供を見ているのは辛いものです。

中には原因不明の発熱というのもあり、診断の難しい病気もあるようです。

発熱のある子供の病気や、幼児の発熱の際の注意点などまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

353517
マンションの騒音は意外な音の伝わり方をしていたことが判明!

マンショントラブルで一番多いのが騒音です。音の伝わり方は家屋...

499725
放置すると病気の原因に!ベットのマットレスのカビ対処法

布団と違い干すことが難しいベットのマットレス。いつも見ない裏...

628929
ハローワークに紹介されてから面接までの流れとは?面接の受け方

ハローワークから仕事を紹介してもらって面接を受けるときのポイ...

473744
ドグマチールが副作用で太るのは何故!?気になる原因と対処法

抗うつ剤の一種であるドグマチールは、副作用で太ると言われてい...

629590
ステンレスのキッチン、毎日の手入れがお掃除をラクにする!

ステンレス製のキッチンは手入れがラク!とはいえ日々の汚れは徐...

d9ce16912e8a716481ca7c8a85fdd0c3_s
【ガムが髪の毛に付いた…】ピーナツバターが解決してくれる!

ガムが髪の毛についてしまった…小さなお子さんがやってしまいそ...

d4b73eb873691c919c11dceda16e8067_s
アパレル接客の声かけのコツは?売れる店員はここが違う!

アパレル業は接客が命。声かけにもテクニックが必要です。 ...

8f6276b8548ceed34538d2d0fae01476_s
【園芸初心者は必見】土の表面にカビが生える原因と対処方法

園芸の初心者は土の表面にカビが生えてて驚くこともあるでしょう...

5f65b031dee138d0543f395669f0d417_s
上手に駐車場に車を停めるコツやポイントをまとめてみました!

バッグで駐車場に車を停めるためのちょっとしたコツ! バッグ...

3ba99543d876cc21df51c37ca3dc3321_s
車のボディのキズ消しにはコンパウンドが効果的です!

車のボディのキズ消しのコンパウンドとは一体どんなもの? コ...

5a5fba869dc89f8a5e20aeca396c5ba7_s
私立大学の学費が払えない場合の対処方法について解説します!

私立大学の学費が払えない時は、まずは相談してみましょう! ...

7f63e516b6b6fdd1bc81b62f4c2edecf_s
日本や世界の空港で着陸が難しい空港はここだ!

日本にも着陸が難しいとされる空港はあるのか? 長野の信州ま...

a6b7bbbcc02e1fbe59e2f56d59474ef4_s
学校へ行きたくない理由には病気の影が潜んでいる可能性も!

学校へ行きたくない理由は病気かも? 学校に行けなくなった子...

600246
お酒が強い人に基準はない?焼酎が飲める人は強いのか調査!

お酒が強い人の基準って考えたことありますか?それは量なのでし...

570019
長女や長男や次男の産まれきた順番に性格は関係しているのか

長男長女や次男次女の兄弟で産まれる順番で性格は決まっているの...

470790
コンビニのバイトは廃棄商品を食べれる?〇〇にならないように!

コンビニでバイトしたらお弁当などの廃棄商品を食べれるって本当...

191703
これでスッキリ!気まずくならずに友達と絶縁する方法

どうしても苦手な友達っていたりしますよね・・・。無理して付き...

629408
夫がプレゼントをくれないと嘆いている奥様へ

夫と言う生き物は気が利かないのです。 プレゼント→妻が...

087019
彼から連絡がない!1ヶ月も連絡しない男性の心理とは

彼からの連絡がなくなって1ヶ月。いったいどういうつもり? ...

208215
中卒で就職するのは難しい?中卒の男性が就ける職業について

中卒で就職する場合、選べる職業にはどんあものがあるのでしょう...

スポンサーリンク

幼児の発熱で多い突発性発疹、原因不明の川崎病

0歳~2歳頃までに多い・突発性発疹

突然39~40℃の高熱が出る突発性発疹は、生後6ヶ月~2歳頃までの乳幼児でに多く見られる病気だそうです。熱は平均3~4日続き、その後、赤い湿疹が現れるようです。それ以外の症状がほとんどなく、発疹が出るまで正確な診断がつかないそうです。突発性発疹の原因は、大人の唾液が感染源と考えられていて、乳児の発症率は、90%とも言われています。
神戸市長田区|小児科|のせ(野瀬)小児科クリニック|突発性発疹

原因不明・川崎病
川崎病は、1歳をピークに、主に4歳以下の乳幼児に多く見られるようです。心筋梗塞につながる怖い病気と思っている方も多いようですが、最近の死亡率は、約0.05%と決して怖い病気ではないようです。原因が不明の病気で、6つの主な症状のうち、5つ以上当てはまる、もしくは、4つと冠動脈瘤がみられた場合に川崎病と診断されるそうです。

1.38℃以上の高熱が5日以上続く。
2.発疹が現れる。
3.うさぎの目のように両方の目が赤くなる。
4.口紅を塗ったように唇が赤くなったり、苺舌がみられる。
5.手足がはれたり、手のひらや足底が赤くなったりする。熱が下がってから、手足の指先から皮膚がむける。
6.片側の首のリンパ節がはれる。

引用元-子供の高熱が続く…考えられる病気や原因は何?年齢別に罹りやすい症状を徹底解説|WELQ 【ウェルク】

原因不明の幼児の発熱、ほとんどは感染症

子どもはとくに生後6ヶ月から3歳くらいまでは、よく発熱します。子どもの発熱はほとんどが感染症つまり病原体の侵入によるもので、それも細菌とウイルスでは、圧倒的にウイルスが多いのです。病原体が侵入すると、それに対抗しようとしてからだの免疫反応がおこります。発熱物質がつくられるのもそのひとつで、熱はいわばからだが戦っているあかしでもあります。熱自体はあまり問題がなく、高熱が続いてもそれだけで頭がおかしくなることはありません。熱の原因と、熱以外の症状がむしろ重要です。

咳や鼻水、のどの痛みなどは急性鼻炎、咽頭炎、扁桃炎などいわゆるかぜ(感冒)の症状ですが、よく熱も出ます。咳がひどくなり、痰が出て、呼吸が苦しいと気管支炎や肺炎になっていることがあり、熱も続くことが多いです。尿路感染症では熱とともに排尿時の痛みや腹痛など、急性胃腸炎では嘔吐、下痢、腹痛が3大症状です。どこに病原体が感染するかによって熱にともなう症状が違います。
引用元-発熱|よくあるこどもの病気|かめさきこども・アレルギークリニック|豊中市の小児科・アレルギー科

幼児の原因不明の発熱、熱を出す体のシステム

熱の発生時に、起こっていること。ふるえや汗はいつ出るの?

熱は、理由があって出ています。そして、からだが熱を出して回復するまでにも、順番があります。

順を追って、見ていきましょう。

1、熱の出はじめ

病気と戦うために、からだは高い熱を必要としますので、発熱と同時に、「ふるえ」が見られることがあります。
熱の出はじめ、からだは、まず末梢血管を収縮させ、熱の放散を防止します。
このため、発熱の初期には顔面がに青白くみえます。それでも熱が不足すると、筋肉を震わせて熱を発生させます。これが「ふるえ」になります。

2、熱が上がりきる

からだが必要とする分まで熱が上がれば、震えは自然に止まり、顔色もよくなります。

3、回復期

熱が上がり切った後、回復期に入ります。ここで初めて、汗が出ます。
回復期とは、からだが高い熱を必要としなくなるので、不要の熱を放散するために発汗し、熱を下げる時期のことです。
引用元-子供の高熱、下がらない、原因が分からない・・・そんな時に知りたい情報をまとめました

尿路感染症でも発熱することがある

膀胱炎(ぼうこうえん)

大腸菌などの細菌やウイルスが膀胱に侵入して炎症が起こります。

一般に女の子に多く見られます。

男の子よりも女の子の方が尿路が短く、細菌が侵入しやすい構造になっているためです。

これは、成人でも同様で、女性の方が男性より膀胱炎になりやすいものです。

腎盂腎炎(じんうじんえん)

主に大腸菌などが「尿道から腎盂へ逆行」して炎症を起こしたものです。

尿路感染症は低月齢の赤ちゃんの場合、4~5割に「膀胱尿管逆流症」などの異常が隠れています。

膀胱尿管逆流症とは、腎臓で作られた尿は尿管を通って膀胱に貯められますが、尿管と膀胱のつなぎ目(接合部)の異常のため、膀胱に貯まった尿が再び尿管、さらには腎臓に逆戻りする現象です。

膀胱尿管逆流症の合併症として膀胱尿管逆流のために腎機能が低下し、腎不全に陥ることがあります。

腎不全は生まれた直後からすでに始まっていることもあります。
引用元-子どもの原因不明の高熱は「尿路感染症」もチェック! 見落としやすい「尿路感染症」の症状・治療法・注意点について|ミナカラ

幼児の発熱と大人の発熱の相違点

子どもの発熱の原因を診断する上で、大人の発熱とは次に述べるような相違点があることに注意する必要があります。

1.子どもでは経過をみないと診断が困難な病気が多いこと

2.診断のために感染症の流行を知っておく必要があること

3.いろいろな発疹を伴う感染症が多いこと

4.年齢によってかかりやすい病気に特徴があること

5.大人と違って血液検査やレントゲン検査が困難なため、治療や検査のタイミングが遅れるとこじれやすいこと

6.子どもは適切に自分の症状を訴えることができないこと

子どもが発熱を生じたときの診断の流れを注意点とともに述べてみましょう。
子どもの発熱の原因としてもっとも多いのは、かぜによるものでしょう。
かぜの発熱はふつうは4日前後でほとんどが解熱します。
4,5日たっても解熱しない場合には、咳が多いときにはこじれて肺炎を起こしていないか、咳が少ないときにはかぜ以外の病気を考えていく必要があります。

発熱時のポイント

・子どもの発熱で咳が多くないときには、こじれる心配が少ないために安心して様子をみることができます。反対に咳が多いときにはこじれやすいので注意が必要です。

・子どもの発熱で大切なことは、どのくらい高い熱が出るかよりも、どのくらいの期間熱が続いているか でしょう。

・子どもの発熱が続くときには、一日おきに診察を受けるようにしましょう。そうすることによって適切な診断を下しやすくなります。
引用元-子どもの熱 | 子どもの病気・症状 – 町医者の家庭の医学

 - 出産・育児・子育て

ページ
上部へ