言葉には力がある。情報には世界を変える力がある。

言葉のちから

夫がプレゼントをくれないと嘆いている奥様へ

      2016/12/09

夫がプレゼントをくれないと嘆いている奥様へ

夫と言う生き物は気が利かないのです。

プレゼント→妻が喜ぶ なんてこれっぽっちも考えていないと思いましょう。

そしてあなたに甘えているのです。

くれないのではなくしないのです。しなくていいと思っているのです。

気持ちを表して欲しいなら日頃のコミュニケーションの図り方から見直してみましょう。
素直に「○○が欲しいな」と言えない相手と生活している自分を見つめ直しましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

no image
駿台市ヶ谷校舎の医学部に、浪人しても行きたい気持ち

浪人してしまった。どうしても難関医学部に行きたい!予備校はど...

no image
TOEICのリーディング力を強化するための学習法教えます!

TOEICの学習でリーディングを強化する勉強方法はどんなこと...

no image
餃子にはキャベツ?それとも白菜?両方のレシピを紹介します

餃子にはキャベツ派!も白菜派!もどちらも入れちゃう派もとにか...

no image
幼稚園と保育園とでは働く違いはある?仕事内容や給料を比較!

子どもと関わる仕事として人気がある幼稚園や保育園の先生ですが...

no image
壁、クロスにへこみをつけちゃった!自分で修繕する方法

うっかり物をぶつけて壁のクロスにへこみが!持ち家でもショック...

no image
彼氏から突然lineブロックされる原因と対処法を公開!

彼氏から突然lineブロックされたらショックですよね。原因は...

no image
妊婦の胃痛は辛い!病院に行くべき?胃痛の対処方法!

妊婦さんには様々な体の変化があります。ちょっとした体の不調で...

no image
爪が薄い人でもジェルネイルを楽しむ方法と注意するポイント

ジェルネイルは爪を削ってつけるから爪の薄い人はジェルネイルが...

no image
旦那のお小遣いの使い道、内訳は知ってる?気になるお小遣い事情

旦那さんにお小遣いはどのくらい渡していますか? お小遣...

no image
台湾旅行でマッサージをする時はセクハラ被害に注意!

台湾旅行で楽しみの一つと言えばマッサージやエステ。しかしその...

fabaa78cfcb906d537c6c5df724645b6_s
新大学生必見!一人暮らしの不安の解消方法を先輩が教えます!

大学生で一人暮らしを始める人の大多数が不安を抱えてるのではな...

b5d8ef1c0f351f5ec6a408357f58d6dd_s
ごぼうをささがきにしようとしたら赤い色に!変色の理由とは

ごぼうをささがきにしようと切ったら表面が赤い色に変色している...

24510f01e4d5a55046c2d0b5280561b2_s
赤ちゃんの目は何故キラキラしている?その理由とは・・・

赤ちゃんの目って、とってもキレイでキラキラしていますよね。 ...

89fa57246e6281c595b7489ae21bf39e_s
車の塗装のクリア部分の修復は自分でしない方が賢明です!

車の塗装のクリア部分が何らかの理由で剥がれてしまった場合、自...

01d542488c30a8493ac354bdbb8b0067_s
文系の就職活動で勝ち組になるためにすること

文系他学部に比べてどの学部に進むと就職が有利なのでしょうか?...

8ba5fe1a560d77db28df934a15dba297_s
高校の教科書には難易度が存在する?その理由を解説します!

高校の教科書と一言で言っても、学校によって難易度があることを...

60dd412095960a427a4c3afa89f12016_s
水槽のフィルターは外部式フィルターの方が音は気にならないの?

水槽からのモーター音。一般的な外掛け式フィルターだと水が水面...

27267e1d2b7a2364d890ef62273394af_s
ユーハイムの人気のバームクーヘンの正しい切り方を教えます!

1923年に神戸でオープンした「ユーハイム」。なんといっても...

63bbce0ca0c4862108865b829d2e8037_s
高校生になったら私服に気をつけよう!人気のブランドはこれだ!

高校生になると、友達と出かけたりデートに行く機会が増えると思...

f138f96b00213af98c4d1bff74821531_s
金魚が病気?目や尾びれの付け根に充血がある場合は赤斑病かも

飼っている金魚のようすがおかしい?目や尾びれに充血が! ...

スポンサーリンク

結婚後夫は妻へプレゼントをしない…7割の奥様が「くれない」

旦那さまはあなたの特別な日にサプライズでお祝いをしてくれますか?

結婚前も今もしてくれない            44.3%(89票)
結婚前も後もしてくれる             29.9%(60票)
結婚前はしてくれたが、結婚後はしてくれなかった   19.9%(40票)
結婚前はしてくれなかったが、結婚後はしてくれている 6.0%(12票)

なんと、「結婚前も今もしてくれない」が圧倒的という結果に! そもそも「女子はサプライズが好き」というのは、間違ったイメージなんでしょうか? そう思って聞いてみると……。

特別な日に、旦那さまからサプライズでお祝いをされたらうれしいですか?

はい  77.0%(201票)
いいえ 23.0%(60票)

やはり女子はサプライズ好き! そして、それは結婚して奥さまになってからも変わりません。それなのに「結婚前も今もしてくれない」という回答が多いのはなぜ!?

そこで今度は、既婚男性219人に「特別な日に奥さまにサプライズのお祝いをしていますか?」というアンケートを実施。その結果、「結婚前も今もしていない」が第1位。次いで「結婚前はしていたが、結婚後はしていない」が35人で、合計すると“していない派”は156人。およそ7割強です。

引用元-結婚後も今もしてくれない!? 旦那さまからのサプライズ事情|結婚生活のホンネを男女それぞれの目線で激白潜入!いまドキ夫婦生活“ホントのところ”|マイナビウエディング

夫がプレゼントをくれないのはあなたに甘えているから

私長く付き合ってた人が居たのですが、私と居る時とその他の人では全然態度も対応も違う。声のトーンも。私と居る時は「きつい。今日はゆっくりしたい」とか「うるさいな~」とかテンションガタ落ちの時もありました。「俺と居て楽しいのか?」そう疑問に思うくらいに。

で、数年はあなたのような感情を受けて、結婚はないと思ったし、距離も遠くなったので別れました。で、1年後に向こうからまた会おうってなって復縁したんです。そのときに「付き合った人居たけど、あなた以外だと嘘の私が出て疲れる。最近周りにもなんか優しく出来ない」そう言われたんですよ。

そのときに「あれは甘えていたんだな。安心していろいろ言える存在だったんだな」そう思ったんですね。そのときからそんなに悪いとは思わなくなった。逆に「こういうこいつを知ってるのは俺だけなんだよな」と嬉しくも思えました。

旦那さんはあなたに間違いなく甘えてる。経済的な面でも精神面でも。あなたが働くから経済面は楽。あなたが旦那を無条件で愛してくれるから安心して外に目が向けられる。あなたが何も求めないから偉そうでいられる。

あなたという存在が居るから旦那さんは今の旦那さんを演じることが出来てるわけですよ。あなたありきなんですよ、すべてが。

旦那さんがこれに気が付いてるなら大したものですが、多くの男は気が付いてない。バカですからね男は。

引用元-夫が、私以外の人に優しくするのに耐えらません。私たちは共働… – Yahoo!知恵袋

夫がプレゼントをくれない。欲しいのは「モノ」ではなく「気持ち」

私が旦那からプレゼントされたいのは物品そのものではありません。私のことを思ってプレゼントを選んでくれる、その気持ちが欲しいのです。

プレゼントを買うときは、必ず相手の気持ちを考えますよね。少なくとも私はそうです。

相手がどんなものを欲しがっているかな。これをあげたらどんなことを言うかな。どんな顔をするかな。そんな風に考えます。

その時間が私にとってはなによりの幸福でした。そして旦那にもその気持ちを持って欲しいと思っているのです。

私はわがままなのでしょうか。旦那がプレゼントをくれないからと言って離婚をしようなどというのは、心が小さい証拠なのでしょうか。

でも、プレゼントを贈り合う、そんなお互いを思う気持ちのキャッチボールが、夫婦には必要だと思います。

たまに会った友達が、「この前旦那にこんなものをもらった」ですとか「サプライズでこんなことをしてもらった」なんて言っているのをを聞くたび、心が苦しくなります。愛想笑いを返すのがやっとです。
引用元-旦那がプレゼントをくれないので離婚したい | 離婚レスキュー

夫だけの母の日に妻の私へプレゼントが欲しい!

母の日のプレゼントを夫から

母の日はお母さんに普段の感謝を伝える日ですが、夫からも母の日のプレゼントを望んでいる妻が6割もいるそうです。

子どもがいれば子どもと一緒に母の日のプレゼントを贈ったりするかもしれませんが、夫婦二人だけだと母の日に何もしないで終わってしまう可能性が大ですね。

母の日に何かしてほしい妻は約6割

実際にアンケートの結果、夫から母の日にプレゼントがほしいと思っている女性の内約1/4程度しかプレゼントをもらっていないことが判明しています。

年齢が上がるにつれ期待しなくなっていく

また、アンケートに回答した女性を年齢別で見たときに、年齢の若い女性ほど夫からのプレゼントを期待していると回答している事から、年齢が行くにつれて諦めの気持ちが入ってきているのではないかと推測されます。

夫からしたら妻なので母の日は関係ない
のではないかと思ってしまいがちですが、
普段夫が快適に生活できるように家事全般を
こなしてくれている妻に対して、母の日に
感謝の気持ちを伝えるようにすると妻も喜びますね。

母の日に夫からもらいたいプレゼントは高価な物ではなくカーネーションなどの花や食事、お出かけなどが人気だそうです。

引用元-夫から妻へ母の日のプレゼント 何もしてくれないと不満を抱く人は意外と多い

世の夫は妻へプレゼントはしないものなのか…

ランキングは「くれない」→「自分がほしいもの」→「夫(彼)が選んでくれたもの」と見事な並び順になりました。そして、2~3位と4~5位ですが、気になるのは特別な日にいつもプレゼントをもらっている人より「たまに」もらっている人の方が多い点。

「いつも」の人が毎年もらっているとしたら、「たまに」の人は結婚10年目など節目にプレゼントをもらう程度といえます。気に入るか気に入らないかは別として、パートナーが良かれと思ってくれるもの。

「たまに」でもくれるから、嬉しさも増すものではないですか?夫(彼)を褒めて、プレゼントも大切にすれば、もっと豪華なプレゼントが期待できるかもしれません?!

トップは残念ながら「まったくくれない」でした。それでも、総合的な合計では、プレゼントのない人より、たまにプレゼントのある人の方が多いという結果に。「まったくくれない」という方は、このグラフを元に、旦那様(彼)にプレゼントちょうだいアピールをしてみて下さいね。

特別な日のプレゼントの頻度、いかがでしたか?

プレゼントはなくても、一緒に過ごしてくれる、ご飯をごちそうしてくれる、言葉をかけてくれる、いろんな形があるのが夫婦(カップル)だと思います。
引用元-夫(彼)から特別な日のプレゼントってもらってる? | 大人女子のホンネ&ライフスタイル「モコモコ」

 - コミュニケーション

ページ
上部へ