言葉には力がある。情報には世界を変える力がある。

言葉のちから

バレエの先生って厳しい指導をするイメージ。実際は?

      2016/12/05

バレエの先生って厳しい指導をするイメージ。実際は?

子供にバレエを習わせたいけど先生が厳しい指導をするイメージがあって迷っています。
実際は幼児期の子供にはバレエの楽しさを教えることから始めるのでいきなり怒鳴られることはないようですよ。

安心してお子さんを芸術の世界へ連れて行ってあげてください♪

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

499725
放置すると病気の原因に!ベットのマットレスのカビ対処法

布団と違い干すことが難しいベットのマットレス。いつも見ない裏...

628929
ハローワークに紹介されてから面接までの流れとは?面接の受け方

ハローワークから仕事を紹介してもらって面接を受けるときのポイ...

473744
ドグマチールが副作用で太るのは何故!?気になる原因と対処法

抗うつ剤の一種であるドグマチールは、副作用で太ると言われてい...

629590
ステンレスのキッチン、毎日の手入れがお掃除をラクにする!

ステンレス製のキッチンは手入れがラク!とはいえ日々の汚れは徐...

d9ce16912e8a716481ca7c8a85fdd0c3_s
【ガムが髪の毛に付いた…】ピーナツバターが解決してくれる!

ガムが髪の毛についてしまった…小さなお子さんがやってしまいそ...

d4b73eb873691c919c11dceda16e8067_s
アパレル接客の声かけのコツは?売れる店員はここが違う!

アパレル業は接客が命。声かけにもテクニックが必要です。 ...

8f6276b8548ceed34538d2d0fae01476_s
【園芸初心者は必見】土の表面にカビが生える原因と対処方法

園芸の初心者は土の表面にカビが生えてて驚くこともあるでしょう...

5f65b031dee138d0543f395669f0d417_s
上手に駐車場に車を停めるコツやポイントをまとめてみました!

バッグで駐車場に車を停めるためのちょっとしたコツ! バッグ...

3ba99543d876cc21df51c37ca3dc3321_s
車のボディのキズ消しにはコンパウンドが効果的です!

車のボディのキズ消しのコンパウンドとは一体どんなもの? コ...

5a5fba869dc89f8a5e20aeca396c5ba7_s
私立大学の学費が払えない場合の対処方法について解説します!

私立大学の学費が払えない時は、まずは相談してみましょう! ...

7f63e516b6b6fdd1bc81b62f4c2edecf_s
日本や世界の空港で着陸が難しい空港はここだ!

日本にも着陸が難しいとされる空港はあるのか? 長野の信州ま...

a6b7bbbcc02e1fbe59e2f56d59474ef4_s
学校へ行きたくない理由には病気の影が潜んでいる可能性も!

学校へ行きたくない理由は病気かも? 学校に行けなくなった子...

600246
お酒が強い人に基準はない?焼酎が飲める人は強いのか調査!

お酒が強い人の基準って考えたことありますか?それは量なのでし...

570019
長女や長男や次男の産まれきた順番に性格は関係しているのか

長男長女や次男次女の兄弟で産まれる順番で性格は決まっているの...

470790
コンビニのバイトは廃棄商品を食べれる?〇〇にならないように!

コンビニでバイトしたらお弁当などの廃棄商品を食べれるって本当...

191703
これでスッキリ!気まずくならずに友達と絶縁する方法

どうしても苦手な友達っていたりしますよね・・・。無理して付き...

629408
夫がプレゼントをくれないと嘆いている奥様へ

夫と言う生き物は気が利かないのです。 プレゼント→妻が...

087019
彼から連絡がない!1ヶ月も連絡しない男性の心理とは

彼からの連絡がなくなって1ヶ月。いったいどういうつもり? ...

208215
中卒で就職するのは難しい?中卒の男性が就ける職業について

中卒で就職する場合、選べる職業にはどんあものがあるのでしょう...

b830bf7aea79c01023838e56f6999b0e_s
大学はクラスがない?大学で友達を作る為のポイントをご紹介

大学ではクラスがないって聞いたけど、どうやって友達を作るの?...

スポンサーリンク

バレエの先生は年齢によって厳しい態度になる

幼稚園児はレッスンの時間をまず集中することが大切で、1番の目的はバレエを楽しんで好きになってもらうことです。

小学校高学年ともなるとトゥシューズを履くポワントクラスも視野に入れたレッスンが始まり、レッスンはさらに本格的になります。 ポワントクラスは誰でも受講することができません。 身体がきちんとできていないと足首を捻ってしまったり、間違った筋肉がついてバレリーナには不向きな身体付きになってしまうかもしれません。

そのためポワントクラスにあがるためには一定以上のバレエの技術が必要です。

不思議な事にレッスン歴が長ければ、それだけバレエがうまいというわけではありません。 たくさんレッスンに通っていても、ポワントクラスに進めない場合もあるということです。

するとどうでしょう? 先生は単純に「この子もポワントクラスに進ませてあげたい!」と思います。 なのでレッスンが以前に比べて厳しくなるという場合があるのです。

その子どもがポワントクラスに進めるために、ポワントクラスに進んでも怪我なくレッスンについていけるようにするために、厳しくしてくれているということです。

全ては、愛情の裏返しです。

先生が特別扱いをして、レベルが満たしていなくても進級させることも可能ですが、それでは周りの生徒も納得しませんし、周りの保護者の方の目もありますので、本人がレベルを満たして進級してくれることが1番望ましいのです。

引用元-バレエ教室の先生の言葉がキツイ事に悩んでいるお母様へ | 門衛 – 専門家記事の情報サイト

バレエの先生は厳しいイメージがあります

バレエは華麗ですが、教室は厳しいイメージがあります。なぜでしょう。

ユキ先生:クラシックバレエはすべての踊りの基本ですから、基本を忠実に習得することが非常に大事です。レッスンも、必ず毎回30分のバーレッスンから始まります。その訓練が、厳しいというイメージなのだと思います。レッスンを通じて根性と集中力がつきますよ。

── トウシューズもすぐに履けるわけではないのですよね。

ユキ先生:トウシューズは、早い教室では小学校2年生ぐらいから履かせますが、私の教室では骨格がしっかりするのを待って、4年生ぐらいから履かせています。

── 練習は週に1回では不足ですか?バレエは時間的にも金銭的に親の負担が大きいイメージがあります。

ユキ先生:小学生中学年ぐらいから、週2~3回通う子が増えてきます。確かに、本格的にすればするほど、お金はかかる習い事だと思います。特に発表会は、会場代、チケット代、衣装代に加え、役がついたら役代というのもかかりますし、相手役の男性へのお礼も必要です。
引用元-習い事「伸びる子、伸ばす親」- バレエ編 | Smart Family 【スマートファミリー】

私が子供の頃習っていたバレエの先生は厳しいを通り越して…

夏にホームのスタジオにワークショップに来てくださったS先生のブログを愛読してるのですが、その中で、先日、ロシアのとあるバレエ学校の先生のレッスン風景の動画が紹介されていました。

厳しい先生が多いロシア人のバレエ教師の中でも本当に怖い先生だった……という方の動画で、どうやら、生徒を叱ってるシーンばかりつないで編集されたもののようです。

S先生は、「かなり衝撃的です」とことわられたうえで、動画を紹介されていました。

私も見てみたのですが…

え?!ぜんぜん怖くないけど?!どこが衝撃なの( ̄□ ̄;)?!

たしかに、ずーーっと詰問するような口調でまくしたててはるし、途中で、そのロシアの先生が生徒の頬や肩をはたくようなシーンがあり、はたかれた生徒の肩から背中にかけて、先生の指の跡が赤く残ってるのがズームで映されたから、おそらくそこが衝撃的……なのか(・_・ )??

しかし!私が小さいころ習っていたバレエの先生は、はたくなんてものじゃなかった。

本気の平手打ち(-_\)足蹴りもあった(゚Ω゚;)シニョンをつかまれて、教室の外にひきずり出された子もいた((゚m゚;)

30年以上前の昭和の世のことです。
引用元-怖い先生?!|pas à pas ~前進あるのみ☆おとなバレエ日記~

バレエの先生は自分の子供には特段厳しい…

バレエの先生の子供がバレエレッスンを受けるとなると先生の側でもメンツというものが発生? するらしく、自分の子供には異様に厳しくするとか。
それで思いだしましたが過去我が子にバレエを踊らせているが、肥るといけないのでとても厳しい食事制限をさせた先生もいらした。
その先生の子は男の子でバレエは嫌いではなかったが、ママがごはんを食べさせてくれないんだ、と他の親に訴えたせいでコトが明るみに出てしまった。
訴えられた親はおにぎりをそっと持ってきて食べさせてやったとか。
近所の人でごはん食べさせてもらえなくてかわいそうにと、食べさせてくれるところ? があって夜に家をそっと出て食べさせてもらいに行ったとか。
うそのようなほんとの話。もう時効だと思うので書きましたけど。

子供にひもじい思いをさせてまで? バレエ体型になるように心を配る親、果たしてこれは虐待かそれとも愛情か、それは子供が決めることではあるが。子供が長じてバレエソリストとなり、第一線で踊りぬいてほしい、バレエで踊って生きていけるようになってほしい…、だけどその道は厳しい。その厳しさを知りぬいた親ならではの話かもしれないとも思うが。
引用元-バレエ・バレエ・バレエ – 第95話・バレエレッスンのつきそい

バレエの先生が厳しいのは芸術家だから?

私も、子供の頃に習っていた先生は、超スパルタ&人当たり厳しい先生、だったので、バレリーナを作る教師というのは、指導者ではなく、調教師だったり、芸術家だったりするものなんだな、というイメージがあります。

学校の先生と違って、生徒全員に平等ではないし、塾の先生と違って、月謝を払ったからといって全員に意欲的に教えてくれるわけでもないし、スポーツインストラクターと違って、サービス業じゃないから必ずしも好意的に教えてくれるとも限らない。

要は、人間くさい人が多い。そういうイメージがあるのです。

それは私が小学生の頃に感じていたことですが、今でも、そんなことを思い起こすと、いろいろな先生がいて当たり前な気もします。
最近は、そういう先生には個人的に遭遇してはいないのですが…。

カルチャーセンターと違って、スタジオの先生は、クセのある先生もいることでしょう。

逆に言えば、そういう厳しさやこだわりや、人間くささが、バレエの世界を作っているものなのかもしれません。

やっぱり、奥が深いというか、特殊ですよね。バレエの世界って。

引用元-おうちバレエ スタジオ噂話  ~教師と生徒の人間関係~

 - コミュニケーション

ページ
上部へ