言葉には力がある。情報には世界を変える力がある。

言葉のちから

子供の「めやに」は目薬が必要?どんなときに、めやには出るの?

      2016/12/27

子供の「めやに」は目薬が必要?どんなときに、めやには出るの?

子供の「めやに」には目薬をしても意味がない!?

めやにの原因を治さないと目薬をしてもなかなか治らない場合が・・・。目ヤニを予防するにはどうしたらいいの?

気になる子供のめやにの原因についてご紹介いたします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

no image
駿台市ヶ谷校舎の医学部に、浪人しても行きたい気持ち

浪人してしまった。どうしても難関医学部に行きたい!予備校はど...

no image
TOEICのリーディング力を強化するための学習法教えます!

TOEICの学習でリーディングを強化する勉強方法はどんなこと...

no image
餃子にはキャベツ?それとも白菜?両方のレシピを紹介します

餃子にはキャベツ派!も白菜派!もどちらも入れちゃう派もとにか...

no image
幼稚園と保育園とでは働く違いはある?仕事内容や給料を比較!

子どもと関わる仕事として人気がある幼稚園や保育園の先生ですが...

no image
壁、クロスにへこみをつけちゃった!自分で修繕する方法

うっかり物をぶつけて壁のクロスにへこみが!持ち家でもショック...

no image
彼氏から突然lineブロックされる原因と対処法を公開!

彼氏から突然lineブロックされたらショックですよね。原因は...

no image
妊婦の胃痛は辛い!病院に行くべき?胃痛の対処方法!

妊婦さんには様々な体の変化があります。ちょっとした体の不調で...

no image
爪が薄い人でもジェルネイルを楽しむ方法と注意するポイント

ジェルネイルは爪を削ってつけるから爪の薄い人はジェルネイルが...

no image
旦那のお小遣いの使い道、内訳は知ってる?気になるお小遣い事情

旦那さんにお小遣いはどのくらい渡していますか? お小遣...

no image
台湾旅行でマッサージをする時はセクハラ被害に注意!

台湾旅行で楽しみの一つと言えばマッサージやエステ。しかしその...

fabaa78cfcb906d537c6c5df724645b6_s
新大学生必見!一人暮らしの不安の解消方法を先輩が教えます!

大学生で一人暮らしを始める人の大多数が不安を抱えてるのではな...

b5d8ef1c0f351f5ec6a408357f58d6dd_s
ごぼうをささがきにしようとしたら赤い色に!変色の理由とは

ごぼうをささがきにしようと切ったら表面が赤い色に変色している...

24510f01e4d5a55046c2d0b5280561b2_s
赤ちゃんの目は何故キラキラしている?その理由とは・・・

赤ちゃんの目って、とってもキレイでキラキラしていますよね。 ...

89fa57246e6281c595b7489ae21bf39e_s
車の塗装のクリア部分の修復は自分でしない方が賢明です!

車の塗装のクリア部分が何らかの理由で剥がれてしまった場合、自...

01d542488c30a8493ac354bdbb8b0067_s
文系の就職活動で勝ち組になるためにすること

文系他学部に比べてどの学部に進むと就職が有利なのでしょうか?...

8ba5fe1a560d77db28df934a15dba297_s
高校の教科書には難易度が存在する?その理由を解説します!

高校の教科書と一言で言っても、学校によって難易度があることを...

60dd412095960a427a4c3afa89f12016_s
水槽のフィルターは外部式フィルターの方が音は気にならないの?

水槽からのモーター音。一般的な外掛け式フィルターだと水が水面...

27267e1d2b7a2364d890ef62273394af_s
ユーハイムの人気のバームクーヘンの正しい切り方を教えます!

1923年に神戸でオープンした「ユーハイム」。なんといっても...

63bbce0ca0c4862108865b829d2e8037_s
高校生になったら私服に気をつけよう!人気のブランドはこれだ!

高校生になると、友達と出かけたりデートに行く機会が増えると思...

f138f96b00213af98c4d1bff74821531_s
金魚が病気?目や尾びれの付け根に充血がある場合は赤斑病かも

飼っている金魚のようすがおかしい?目や尾びれに充血が! ...

スポンサーリンク

子供のめやにには目薬?めやにの原因は?

1)風邪

子供が風邪を引くと鼻水が出ることが多いですよね。

顔の造りですからどうしようもありませんが、目と鼻が近くにあるため、鼻水が逆流して細菌が目に入るのです。

それが目やにの原因になります。

他にも鼻水やくしゃみのついた清潔とは言えない手で目をこするなどが原因で、風邪の菌が目に入り、目やにとなって出てくる場合もあります。

2)結膜炎

アレルギー性結膜炎、細菌性結膜炎、流行性角結膜炎(はやり目)など、結膜炎の症状として目やにが出る場合も多いですね。

結膜炎の場合は、目やにの他に充血や痒み、涙が増える、瞼が腫れるなど他の症状も見られます。

特に流行性角結膜炎(はやり目)は、感染力が強いので、家族が感染しないように注意しましょう。

他にも眼瞼緑炎(ただれ目)、角膜炎などの細菌感染でも目やにが出る場合があります。

その時は目やにの他に症状があるかどうか、様子観察をしておきましょう。
引用元-子供の目やにの原因とは!簡単な拭き取り方も知ってる?

子供のめやにに目薬は間違い?!

眼脂で眼科へ行ったことがあるママは、おそらく必ず目薬を処方されたことでしょう。
その目薬、本当に必要なのでしょうか?

眼脂が出る原因は様々ですが、今日は鼻風邪を挙げてみましょうか。

鼻風邪をひくと、当然ながら鼻水がたくさん溜まります。
副鼻腔炎などを合併しようものなら、緑色の膿のような鼻水になります。
これが鼻涙管を逆流して昇っていき、眼脂として出てくるのです。

なので風邪のときに出る眼脂は、目で作られたものではなく、鼻で作られたものが目から出てきているだけなのです。
つまり目が原因でないわけで、そこに目薬をさしても意味がないことはお分かりいただけるでしょうか。
そりゃ目薬をつかえば一時的に眼脂は減るかもしれません。でも原因である鼻水が除去されない限り、眼脂は出続けます。

なので我々普通の小児科医は、結膜炎を合併していない単なる眼脂だけなら目薬は処方しないのです。
それよりも、その根源である鼻風邪の治療をしっかりすることに専念します

ただ、眼脂が多いとそれ自体が結膜を刺激したり、眼脂(元は鼻水)に含まれている風邪の菌が悪さをして、結膜炎になってしまう場合があります。
こうなった場合に始めて目薬を処方するのです。

眼科医だけでなく小児科医の中にも、眼脂だけですぐ目薬をだす医者がいますので気をつけましょう
引用元-めやに ~目薬は必要か?~ ①(再掲載)|Skywalker院長のブログ

子供のめやにに目薬が必要な場合とは?

目やにが黄色や緑色の場合

目やにが黄色や緑色の場合は、結膜炎という目の病気にかかっている恐れがあります。結膜炎にはさまざまな種類がありますが、この中でも細菌性結膜炎という病気にかかっている可能性が高いです。

細菌性結膜炎とは、黄色ぶどう球菌という身近に存在する細菌が目に感染してしまうことにより発症します。

発症すると、ネバネバした黄色っぽい目やにや緑がかった目やにが多くでるようになります。この他にも目が充血してしまうのも特徴的です。

よって、片目だけに目やにが多くでる場合は、そちらの目だけに細菌が感染してしまったのかもしれません。

治療法としては、眼科に受診して抗生物質を含んだ目薬を処方してもらいましょう。抗生物質とは、先ほど紹介した細菌性結膜炎の原因となる黄色ぶどう球菌などの細菌を直接退治してくれる成分のことです。

抗生物質を含んだ点眼薬は市販では販売されていないので、しっかり医師と相談した上で処方してもらう必要があります。

引用元-赤ちゃんの目やにが片目だけに多い5つの原因

子供のめやにを予防する方法

赤ちゃんの結膜炎の予防法は?

結膜炎は大人から赤ちゃん、もしくは赤ちゃんから大人に感染することもあり、日頃から感染予防に努める必要があります。以下の方法を実践していき、赤ちゃんの目を結膜炎から守ってあげましょう。

・手洗いはこまめに念入りに行う
・みんなが触れるドアノブなどはこまめにアルコール消毒する
・涙や目やにはティッシュで拭き取り、そのつど捨てる
・感染者と同じタオルを共有しない

日頃から赤ちゃんの目をチェックして結膜炎を早期発見

赤ちゃんの結膜炎は、早期に病院を受診することが肝心です。そのためには、日頃から赤ちゃんの眼の状態にも気を配ってあげてください。頻繁に目をこするような仕草をしている、朝起きたときの目やにが増えたような気がするなど、些細なことが目のトラブルの始まりかもしれません。

赤ちゃんは目の違和感を言葉で訴えることができないので、周囲の大人が敏感に察知してあげましょう。よく観察して、いつもと違うと思ったら早めに病院へ連れていってあげてくださいね。
引用元-赤ちゃんも結膜炎になるの?症状は?目薬を使ってもいいの? – こそだてハック

子供のめやにで目薬を買う場合

市販の結膜炎の目薬を買う時の注意点

実は、市販で買える結膜炎用の目薬というのは、

  • 細菌性結膜炎用
  • アレルギー性結膜炎用

しかありません。

・・というのも、ウイルス性の結膜炎は、ウイルス性の風邪と同様、特効薬はなく、ゆっくり休養して、治るのを待つしかないからです。

とはいえ、ウイルス性の結膜炎は感染力も強いので、ひどくなる前に、眼科医にかかりましょう。

症状によって、解熱剤、痛み止めやかゆみ止めを処方してもらえます。

そして、細菌性結膜炎と、アレルギー性結膜炎の場合は、市販の目薬で、応急処置をとることができます。

  • 抗菌剤
  • 抗炎症剤
  • 抗アレルギー剤

などが配合された目薬を、薬局で購入できます。

市販の目薬を選ぶ時のポイントは、

1 回使いきりタイプの目薬!

を、買うようにしましょう

使い切りなので、清潔。
さらに、防腐剤が含まれていないので安心です。

ボトルタイプの目薬は、一度開封すると長く持ちません。

たいてい防腐剤が入っていますが、保存状態によっては劣化が始まり、万一、劣化していたとしても、見た目では判断できないものです。

使い切りタイプの目薬は、たいていの薬局に置いてあるので、お近くの薬局で、薬剤師さんに尋ねてみてくださいね。
引用元-子供が結膜炎に!3つの原因と市販の目薬の選び方

 - 出産・育児・子育て

ページ
上部へ