言葉には力がある。情報には世界を変える力がある。

言葉のちから

離婚が子供に与える影響を心理学的に見ると・・・

      2015/10/29

離婚が子供に与える影響を心理学的に見ると・・・

やむを得ず離婚することになってしまった時に考える子供への影響。

心理学的に見るとやっぱり悪影響でしかないの?仲が悪くても離婚しない方が本当に子供のためになるの?

心理学的に離婚は子供にどんな影響を与えるのか?この疑問についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

no image
上手に駐車場に車を停めるコツやポイントをまとめてみました!

バッグで駐車場に車を停めるためのちょっとしたコツ! バ...

no image
車のボディのキズ消しにはコンパウンドが効果的です!

車のボディのキズ消しのコンパウンドとは一体どんなもの? ...

no image
私立大学の学費が払えない場合の対処方法について解説します!

私立大学の学費が払えない時は、まずは相談してみましょう!...

no image
日本や世界の空港で着陸が難しい空港はここだ!

日本にも着陸が難しいとされる空港はあるのか? 長野の信...

no image
学校へ行きたくない理由には病気の影が潜んでいる可能性も!

学校へ行きたくない病気について 学校に行けなくなった子...

no image
お酒が強い人に基準はない?焼酎が飲める人は強いのか調査!

お酒が強い人の基準って考えたことありますか?それは量なの...

no image
すっぴんでも目が大きい印象になれる目の周りのマッサージ法

ぱっちり大きい目が素敵!でもアイメイクを落とすと…う~ん...

no image
長女や長男や次男や次女の産まれきた順番に性格は関係しているのか

長男長女や次男次女の兄弟で産まれる順番で性格は決まってい...

no image
コンビニのバイトは廃棄商品を食べれる?〇〇にならないように!

コンビニでバイトしたらお弁当などの廃棄商品を食べれるって...

no image
これでスッキリ!気まずくならずに友達と絶縁する方法

どうしても苦手な友達っていたりしますよね・・・。無理して...

no image
夫がプレゼントをくれないと嘆いている奥様へ

夫と言う生き物は気が利かないのです。 プレゼント→...

no image
彼から連絡がない!1ヶ月も連絡しない男性の心理とは

彼からの連絡がなくなって1ヶ月。いったいどういうつもり?...

no image
中卒で就職するのは難しい?中卒の男性が就ける職業について

中卒で就職する場合、選べる職業にはどんあものがあるのでし...

b830bf7aea79c01023838e56f6999b0e_s
大学はクラスがない?大学で友達を作る為のポイントをご紹介

大学ではクラスがないって聞いたけど、どうやって友達を作るの?...

de23e88ffc45a3142d80dfb57b9e2431_s
上司のメールに追伸は使ってもいい?気になるビジネスマナー

上司にメールを送るとき、追伸やPSは使ってもいいのでしょうか...

75d81b971cf9951b53190d9337ef092a_s
お母さん必見!子供と性格が合わない時の対応について

性格が合わない感じる子供とどう向き合ったらいい? 子供に合...

cdd37ee89530b2230569b269f5bfc784_s
工事の騒音がひどいすぎる!苦情はどこへ!?

工事の騒音などがひどくて困っていませんか?苦情を入れたいがど...

fee863afc9ae5ac3567fd8ecdeecb1c1_s
胃のムカムカが続く時に考えらる病気と危険なサインとは

朝起きて胃がムカムカするが続くことや胃が気持ち悪いなんて経験...

8c15cf8b93f678c87ef45300561e906c_s
コンビニのバイト店員に告白して成功するまでの秘訣!

いつも行っているコンビニ。その店でバイトをしている子を好きな...

792200a2ec7c20a05ba9b7304b16908b_s
イタリアの南部と北部の様々な違いはここだった!

イタリア南部と北部では同じイタリアでも違うところは多いの? ...

スポンサーリンク

Q 親が離婚した子供は心理学的にはどう影響する?

心理学に詳しい、心理学がお好きな方に、母子家庭で育った人間の性格について教えて頂きたいです。

私は6歳から母子家庭で育ちました。3人姉妹(35歳、34歳、30歳)です。

父親からは養育費の支払いはきちんとありましたが、離婚後は一度も会っていません。

私は末っ子で、かなりの母親っ子だったので、父親の事は思い出しても何とも思いませんが、姉二人は違いました。

二人とも父親が大好きだったので、相当つらい思いだったようです。

私は現在幸せな結婚が出来てまして、子供はまだ居ませんが、ごく普通ですが、姉たちはバツ1とバツ2です。

二人とも不倫経験者で、かなり年上とも交際歴があります。

実はうちの父親も不倫の末の離婚でした。

やはり姉たちに影響しているのでしょうか。

あと、父親がいない家庭で育った女の子は、男性という強い家長の居ない環境のため、男勝りになると聞いた事があります。

今でこそ私は穏やかになったほうですが、短気でしたし、姉たちはかなり短気で、私と母親が手に負えない時があるくらいです。

言ってもしょうがない事ですが、離婚していてもきちんと両親ともに会えていた子供とは性格的に違っているのでしょうか。

姉たちは、父親が不倫したことを解っていたので、母親に悪くて会えなかったそうです。

引用元-心理学に詳しい、心理学がお好きな方に、母子家庭で育った人間の性格に… – Yahoo!知恵袋

A 離婚した親をもつ子供は心理学的に見ると・・・

私は心理学を詳しくは存じませんが、昔授業中に教えて頂いた内容です。

まず母子家庭で育ったお子様は2親で育ったお子様よりも社会性に乏しく、忍耐強さに欠けるそうです。

離婚には様々な複雑な事由が重なり単純には言いきれませんしお姉様たちの忍耐強さに影響しているかどうかは分かりませんが男性なら転職を繰り返したり、結婚では離婚するケースも多いそうです。

次に父親に憧れる分、歳の差が大きく上に離れた人に魅かれるようです。

いわゆる【ファザコン】になりますね。

同世代の男性より寛容に見える年上男性に憧れる反面、中年男性の居ない生活で慣れている為に、結婚生活の日常でだらしなく過ごす男性の姿に違和感を感じるケースが多いそうです。

離婚後父親と接点が有ったとしても、日常生活は母子家庭なので、結婚生活中の理想とのギャップは有った様に思います。

その件は既に過去ですし、割り切るしか有りませんね。

まだまだお若いお姉様達ですから、いつかまた新しい出会いが有ると思います。

恐れずひるまず「辛抱強く築き上げる生活」を目指して頂ければと思います。

引用元-心理学に詳しい、心理学がお好きな方に、母子家庭で育った人間の性格に… – Yahoo!知恵袋

心理学的には離婚は子供に悪影響?

かつて、離婚は子供に何の影響も与えないと考えられていました。

しかし、離婚が子供に悪影響を及ぼすことについて、多くの国で大規模な追跡調査が行われ、悪影響が実際に存在することが確認されました。

アメリカの心理学者ジュディス・ウォーラースタインは、親が離婚した子供を長期に追跡調査して、子供達は大きな精神的な打撃を受けていることを見出しました。

子供達は、両方の親から見捨てられる不安を持ち、学業成績が悪く、成人してからの社会的地位も低く、自分の結婚も失敗に終わりやすいなどの影響がありました。

また、親が離婚した子供は、精神的トラブルを抱えることを示す他の研究もあります。

バージニア大学のヘザーリントン教授は、研究を行って次のように述べました。

「両親がそろっている子どものうち、精神的に問題が無い子どもは90%であり、治療を要するような精神的なトラブルを抱えている子どもは10%であるのに対して、両親が離婚した子どもでは、それぞれ75%と25%である。」(1993年)

引用元-離婚その悲惨な結果(4)-子供に対する悪影響|ヨハネのブログ

子供のために離婚しないのは間違い?

夫が浮気をしている。

夫婦仲が冷え切っている。

夫婦げんかが絶えない。

もう、破綻しているよ、この関係。

でも、「子はかすがい」とも言うし、この子のために離婚しないでおく方がいいのでは…?

離婚するかしないか、みたいな表面的な出来事ベースで考えると、重要な決断は、間違えてしまうと思うんですね。

昔は、離婚して母子家庭になったら、それこそ悲惨な生活が待っている、ということだって現実味を持った話でした。

それこそ、「子供のために離婚しない」がリアリティーのある話だったと思うんですね。

物質的な部分ですよね。

「人はパンのみに生きるにあらず」とは言うけれど、そのパンがなければまず生きていられないわけですから。

しかし、最近は「離婚したら悲惨」という考えは、若干過去のものになってきたかな、と思います。福祉のサポート体制が充実してきたことや、ぜいたく言わなければ女性でもなんとか仕事をして子どもたちとの生活をまかなっていくことが可能な社会になってきたことも大きいのだと思います。

引用元-「子供のために離婚しない」という考えは間違いか?女と男の心のヘルスー癒しの心理学ー専門家による恋愛相談

離婚を決断する前に子供のためにできることは?

子どもへの虐待やDVなど、夫と子どもを引き離した方が良いと判断できる場合以外、子どもへの影響を考えると、安易に離婚を決められないという人は多いはずです。

そうは言っても、これから先の人生、ずっとこの人と夫婦として暮らしていくのかと考えると暗澹たる気持ちになってしまうのではないでしょうか。

夫とやり直せないかどうかを見極めるひとつの方法として、つきあい始めた頃や新婚当初、本当に愛し合っていた頃の写真を出してきて、毎日眺めるというものがあります。

「あの頃、あんなに楽しかったのに、いったいどうして今のような気持ちになってしまったのだろう」

写真を見ながら、夫への愛情がわずかでもまだ残っていると気付いたら、離婚よりも夫との関係を修復する方向に進めるはずです。

「自分だけが反省して、優しい気持ちで接しても、夫は自分勝手でまったく協力してくれない。

やっぱり離婚しかない」

こう考えることを、1年、あるいは半年、我慢して、ただただ、夫に優しく接してみてください。

妻の態度によって、夫が変わることは当然期待できます。

子どもにとって何よりいいのは、両親が離婚しないことではなく、両親の仲が良いことですから、子どものためと思って一定期間努力してみてください。

もしも夫が何も変わらなかったとしても、自分が決めた期限まで、精一杯自分は夫婦仲の修復に努力したとなれば、そこから先、離婚したとしても納得がいくはずです。

引用元-離婚が子供に与える悪影響を最小限にする方法

twitterの反応


https://twitter.com/YASUKO113245/status/350210826868756482


https://twitter.com/hnks_skc/status/629297004766572544

 - 出産・育児・子育て

ページ
上部へ