言葉には力がある。情報には世界を変える力がある。

言葉のちから

離婚して子供を父親が引き取るとやっぱり大変なの?

      2015/10/29

離婚して子供を父親が引き取るとやっぱり大変なの?

日本では離婚後の親権は母親が有利と言われているけど、

子供を父親が引き取ると大変だからなの?やっぱり父親って不利?

離婚して子供を父親が引き取る場合についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

353517
マンションの騒音は意外な音の伝わり方をしていたことが判明!

マンショントラブルで一番多いのが騒音です。音の伝わり方は家屋...

499725
放置すると病気の原因に!ベットのマットレスのカビ対処法

布団と違い干すことが難しいベットのマットレス。いつも見ない裏...

628929
ハローワークに紹介されてから面接までの流れとは?面接の受け方

ハローワークから仕事を紹介してもらって面接を受けるときのポイ...

473744
ドグマチールが副作用で太るのは何故!?気になる原因と対処法

抗うつ剤の一種であるドグマチールは、副作用で太ると言われてい...

629590
ステンレスのキッチン、毎日の手入れがお掃除をラクにする!

ステンレス製のキッチンは手入れがラク!とはいえ日々の汚れは徐...

d9ce16912e8a716481ca7c8a85fdd0c3_s
【ガムが髪の毛に付いた…】ピーナツバターが解決してくれる!

ガムが髪の毛についてしまった…小さなお子さんがやってしまいそ...

d4b73eb873691c919c11dceda16e8067_s
アパレル接客の声かけのコツは?売れる店員はここが違う!

アパレル業は接客が命。声かけにもテクニックが必要です。 ...

8f6276b8548ceed34538d2d0fae01476_s
【園芸初心者は必見】土の表面にカビが生える原因と対処方法

園芸の初心者は土の表面にカビが生えてて驚くこともあるでしょう...

5f65b031dee138d0543f395669f0d417_s
上手に駐車場に車を停めるコツやポイントをまとめてみました!

バッグで駐車場に車を停めるためのちょっとしたコツ! バッグ...

3ba99543d876cc21df51c37ca3dc3321_s
車のボディのキズ消しにはコンパウンドが効果的です!

車のボディのキズ消しのコンパウンドとは一体どんなもの? コ...

5a5fba869dc89f8a5e20aeca396c5ba7_s
私立大学の学費が払えない場合の対処方法について解説します!

私立大学の学費が払えない時は、まずは相談してみましょう! ...

7f63e516b6b6fdd1bc81b62f4c2edecf_s
日本や世界の空港で着陸が難しい空港はここだ!

日本にも着陸が難しいとされる空港はあるのか? 長野の信州ま...

a6b7bbbcc02e1fbe59e2f56d59474ef4_s
学校へ行きたくない理由には病気の影が潜んでいる可能性も!

学校へ行きたくない理由は病気かも? 学校に行けなくなった子...

600246
お酒が強い人に基準はない?焼酎が飲める人は強いのか調査!

お酒が強い人の基準って考えたことありますか?それは量なのでし...

570019
長女や長男や次男の産まれきた順番に性格は関係しているのか

長男長女や次男次女の兄弟で産まれる順番で性格は決まっているの...

470790
コンビニのバイトは廃棄商品を食べれる?〇〇にならないように!

コンビニでバイトしたらお弁当などの廃棄商品を食べれるって本当...

191703
これでスッキリ!気まずくならずに友達と絶縁する方法

どうしても苦手な友達っていたりしますよね・・・。無理して付き...

629408
夫がプレゼントをくれないと嘆いている奥様へ

夫と言う生き物は気が利かないのです。 プレゼント→妻が...

087019
彼から連絡がない!1ヶ月も連絡しない男性の心理とは

彼からの連絡がなくなって1ヶ月。いったいどういうつもり? ...

208215
中卒で就職するのは難しい?中卒の男性が就ける職業について

中卒で就職する場合、選べる職業にはどんあものがあるのでしょう...

スポンサーリンク

Q 離婚して子供を父親が引き取ると大変?

離婚して子供を父親が引き取る場合について質問です。

離婚をし父親が子供を引き取り育てている場合、父親としてどんな大変な事がありましたか??

また、子供の事に関して不憫な面等を感じた事はありますか??

離婚を考えています。

アドバイスを頂けたら嬉しいです。

補足
子供は2歳8ヶ月、娘です。

私は母親ですが、夫から離婚を切り出され、親権は私で夫が育てると言い張ります。

私は娘が大好きで、本当に一緒に居たいのですが経済的な面で考えれば夫と私の間には大きな差があるので、娘の為に一緒に過ごす事を諦めるべきなのか非常に悩んでいます。

引用元-離婚して子供を父親が引き取る場合について質問です。 – 離婚をし父… – Yahoo!知恵袋

A 離婚して子供を父親が引き取るとこんなことが・・・

私の息子は父子家庭です。

現在25歳で4歳の男の子が居ます。離婚して3年になりますが、まず、保育園です。順番待ちで中々はいれず、決まるまで一日いくら!って緊急保育園でお世話になりました。

その後は保育園も決まり、今度は朝・夕のお迎えです。

それに子供が熱を出した・・で早退。

インフルエンザにもなると、1週間は仕事を休まなければなりません。

父子家庭3年で、仕事も選べません。朝~夕方までの所を探すって宿命でしょうか・・。

水疱瘡になった時は自分も移ってしまって、仕事を2週間休み、申し訳ない気持ちになったのか、仕事場を変えたり、また、夜は、保育園に迎えに行った後、食事、洗濯に大変な中、子供1人なので、遊んであげないといけないって事にもなります。

引用元-離婚して子供を父親が引き取る場合について質問です。 – 離婚をし父… – Yahoo!知恵袋

働きながら育児をするのは大変ですが、離婚すれば父も母も同じ条件になります。

母だって働かなくてはならないのですから。

経済的な問題は大きいですよ。

父と居れば、大学にも行けて、留学などもできるかもしれない。

母と居れば、高校を出て就職しなければならないかもしれない。

特に収入に大きな差がある場合は、子どもの人生を大きく左右しますから。

父だから育児に向かないというのも個人差があります。

父に託すという考え方もある意味子どものための英断という場合もあり得ると思います。

引用元-離婚して子供を父親が引き取る場合について質問です。 – 離婚をし父… – Yahoo!知恵袋

離婚して子供を父親が引き取ると転職の可能性も

本来なら、父親が子供を引き取る場合、あらかじめ、関係各所への根回しをしたいところ。

例えば、実家の協力(平日の昼間に子供の面倒をみて欲しい、など)職場の理解(なるべく残業をしたくない。シフトを休日から平日へ、など)。

その上で「自分(父親)が引き取っても大丈夫そうだから、親権を持ちたい」と覚悟を決めるという流れが理想的です。

しかし、実際には、夫婦が話し合った結果、「父親が子供を引き取る」という結論を出したわけではなくはじめから母親が親権を望まず、すでに父親が引き取るしかないという展開なので、「子供にとって父親、母親、どちらが親権者をしてふさわしいのか」を比較検討する場面はなく前もって「父親が引き取った場合のシミュレーション」をしているケースは相当に少ないのが実情です。

だから、実際に離婚し、子供を引き取っても、金銭面、育児面、体力的に苦労するのですがそれは想定の範囲内ではなく、苦境に立たされて初めて分かることなのです。

実際、父親が子供の親権を持ったケースで、離婚から数ヶ月後、就業時間を変えるべく父親が転職したケースも。

引用元-父親の8割が親権をとれない5つの理由|法律でメシを食う30歳のブログ~露木幸彦・公式ブログ~

離婚後子供を父親が引き取る可能性は低い?

父親が会社員、母親が専業主婦という家庭では、もし父親が離婚後、子供を引き取っても、フルタイムで仕事をしているので、その間どうしても子供を自分で面倒をみることができません。

だから、子供が6歳以下の場合は保育園、6歳以上の場合は学童保育や民間の保育施設に預けなければなりませんが、保育料は定時に仕事が終わったとしても月5万円、残業で夜の7時、8時となると10万円を超えることが多く、その金額を毎月の給料から捻出するのは容易ではありません。

さらに離婚前まで子育ての大半を母親が担ってきたのなら、父親の育児経験は乏しく、休日に子供の面倒をみるのも一苦労です。このような事情が「8割は母親」という統計値に反映されているのです。

一方、子供がもう少し大きくなったら話は違うのではないか?あなたはそう思うかもしれません。

しかしそうなれば、親権を決めるにあたり「父親と母親、どちらが適任か?」ではなく「子供が父親と母親、どちらを暮らすことを望んでいるか?」子供の気持ちが優先されます。

残念ながら、父親が会社員、母親が専業主婦という家庭において、子供はほとんどの時間を母親と一緒に過ごしているので、やはり母親を選ぶことが圧倒的に多いのです。

引用元-離婚の実態!(3)子どもはどうなる?職場でのイメージを下げるなッ | マネトク!

離婚後の親権は母親が約90%!

司法統計によると、平成22年度に家庭裁判所で扱った調停・審判事件のうち、子の親権を母親とするものが19,991件、父親とするものが2,282件、定めなしが19件となっています。
 
これを率に直すと、約90%が母親が親権者となっています。

これは、母親が別居時に子供の監護・養育をしている場合が多いからです。
 
逆に言えば、別居時に子供の監護・養育できない場合は、育児放棄・家事放棄、素行がよくないので親権者としてふさわしくない母親になり、親権者は父親になるようです。
 
もし、離婚のメリットやデメリットを客観的に知りたいのなら、法律に詳しい弁護士等を訪ねることをおすすめします。

法的にスッキリすると、精神的にも晴れ晴れとしますから。
 
離婚してその後の人生を幸せに暮らしている人は、ほとんど法律の専門家に相談しています。

引用元-母親でなく父親が子供の親権者になる

twitterの反応

 - 出産・育児・子育て

ページ
上部へ