言葉には力がある。情報には世界を変える力がある。

言葉のちから

下痢や発熱に悪寒・・・この症状で考えられる病気は?

      2015/11/13

下痢や発熱に悪寒・・・この症状で考えられる病気は?

主な症状として下痢、発熱、悪寒がある場合はどのような病気が考えられるのでしょうか。

とても辛いこの症状、何が原因なのか早急に知りたいところ。

下痢・発熱・悪寒を伴う症状で考えられる病気について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

499725
放置すると病気の原因に!ベットのマットレスのカビ対処法

布団と違い干すことが難しいベットのマットレス。いつも見ない裏...

628929
ハローワークに紹介されてから面接までの流れとは?面接の受け方

ハローワークから仕事を紹介してもらって面接を受けるときのポイ...

473744
ドグマチールが副作用で太るのは何故!?気になる原因と対処法

抗うつ剤の一種であるドグマチールは、副作用で太ると言われてい...

629590
ステンレスのキッチン、毎日の手入れがお掃除をラクにする!

ステンレス製のキッチンは手入れがラク!とはいえ日々の汚れは徐...

d9ce16912e8a716481ca7c8a85fdd0c3_s
【ガムが髪の毛に付いた…】ピーナツバターが解決してくれる!

ガムが髪の毛についてしまった…小さなお子さんがやってしまいそ...

d4b73eb873691c919c11dceda16e8067_s
アパレル接客の声かけのコツは?売れる店員はここが違う!

アパレル業は接客が命。声かけにもテクニックが必要です。 ...

8f6276b8548ceed34538d2d0fae01476_s
【園芸初心者は必見】土の表面にカビが生える原因と対処方法

園芸の初心者は土の表面にカビが生えてて驚くこともあるでしょう...

5f65b031dee138d0543f395669f0d417_s
上手に駐車場に車を停めるコツやポイントをまとめてみました!

バッグで駐車場に車を停めるためのちょっとしたコツ! バッグ...

3ba99543d876cc21df51c37ca3dc3321_s
車のボディのキズ消しにはコンパウンドが効果的です!

車のボディのキズ消しのコンパウンドとは一体どんなもの? コ...

5a5fba869dc89f8a5e20aeca396c5ba7_s
私立大学の学費が払えない場合の対処方法について解説します!

私立大学の学費が払えない時は、まずは相談してみましょう! ...

7f63e516b6b6fdd1bc81b62f4c2edecf_s
日本や世界の空港で着陸が難しい空港はここだ!

日本にも着陸が難しいとされる空港はあるのか? 長野の信州ま...

a6b7bbbcc02e1fbe59e2f56d59474ef4_s
学校へ行きたくない理由には病気の影が潜んでいる可能性も!

学校へ行きたくない理由は病気かも? 学校に行けなくなった子...

600246
お酒が強い人に基準はない?焼酎が飲める人は強いのか調査!

お酒が強い人の基準って考えたことありますか?それは量なのでし...

570019
長女や長男や次男の産まれきた順番に性格は関係しているのか

長男長女や次男次女の兄弟で産まれる順番で性格は決まっているの...

470790
コンビニのバイトは廃棄商品を食べれる?〇〇にならないように!

コンビニでバイトしたらお弁当などの廃棄商品を食べれるって本当...

191703
これでスッキリ!気まずくならずに友達と絶縁する方法

どうしても苦手な友達っていたりしますよね・・・。無理して付き...

629408
夫がプレゼントをくれないと嘆いている奥様へ

夫と言う生き物は気が利かないのです。 プレゼント→妻が...

087019
彼から連絡がない!1ヶ月も連絡しない男性の心理とは

彼からの連絡がなくなって1ヶ月。いったいどういうつもり? ...

208215
中卒で就職するのは難しい?中卒の男性が就ける職業について

中卒で就職する場合、選べる職業にはどんあものがあるのでしょう...

b830bf7aea79c01023838e56f6999b0e_s
大学はクラスがない?大学で友達を作る為のポイントをご紹介

大学ではクラスがないって聞いたけど、どうやって友達を作るの?...

スポンサーリンク

下痢・発熱・悪寒を伴う症状の疾患とは

食中毒

細菌やウイルスに汚染された食べ物や飲み物を摂取することによって下痢や吐き気、嘔吐、発熱などの食中毒症状を起こします。

発熱にともなって悪寒を感じることがあります。

食中毒を起こす菌は、いくつかありますが、とくにサルモネラ菌は、高い熱が出ることで知られており、全身がぞくぞくとする悪寒を感じることも少なくありません。

引用元-悪寒(おかん) 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト

インフルエンザとは?

インフルエンザウイルスによる感染症です。

流行ケがあり、重症化するケースもあります。

風邪とは異なります。

主な症状

いずれの型のインフルエンザも1~3日の潜伏期をへて、悪寒を伴う高熱、全身倦怠感(けんたいかん)を伴って急激に発症します。

鼻汁、咳(せき)、咽頭痛などの呼吸器症状や、吐き気、嘔吐、下痢などの消化器症状を伴うことが多く、頭痛、関節痛も現れます。

筋炎を起こすと筋肉痛が生じ、下肢の場合は歩行困難になることがあります。

症状の程度・持続期間は、流行ウイルスの種類、年齢、過去の罹患状況などによってさまざまですが、合併症がない場合、1週間~10日以内に軽快します。

発症した場合の重症度は、ウイルス側の要因(前回の流行からの期間やウイルスの変異の度合い)と、個体側の要因(感染歴や免疫状態)などによって決まります。

乳幼児は初感染であることが多く、成人に比べて重症化しやすく、また高熱による熱ケけいれんを起こすことがあります。

細菌ケの肺炎や中耳炎の合併があると高熱が続きます

引用元-インフルエンザ 解説 | 症状から調べる、こころとからだの病気ガイド

下痢・発熱・悪寒がある病気って?

下痢と発熱が主な症状として現れる病気には、まず

感染性胃腸炎

が考えられます。

感染性腸炎とは細菌やウイルスに感染することにより腸が炎症を起こす病気です。

細菌性腸炎とウイルス性腸炎の大きく2種類分けることができます。

細菌性腸炎は、夏季に多く起こります。食中毒と言われるもののほとんどがこれです。

感染型と毒素型があり、感染型は感染後1~4日後に発症します。

下痢、腹痛、発熱が見られます。サルモネラ菌やO-157などは有名ですよね。

これが原因で起こるのは細菌性腸炎の感染型です。

一方の毒素型は食後2~24時間で発症します。吐き気、嘔吐、腹痛が見られますが、発熱することは少ないです。

原因菌は黄色ブドウ球菌やボツリヌス菌などがあります。

ウイルス性腸炎は、毎年冬に流行するノロウイルスやロタウイルスなどが原因の腸炎です。

他にもアデノウイルスやエンテロウイルスなども腸炎を起こす感染症の代表です。他にはインフルエンザの可能性も高いです。

引用元-下痢、発熱、頭痛、関節痛、悪寒。これに当てはまる病気って何?

下痢・発熱・悪寒を伴う食中毒、その原因は?

食中毒の主な原因は「細菌」と「ウイルス」

食中毒を引き起こす主な原因は、「細菌」と「ウイルス」です。

細菌もウイルスも目には見えない小さなものです。

細菌は温度や湿度などの条件がそろうと食べ物の中で増殖し、その食べ物を食べることにより食中毒を引き起こします。

一方、ウイルスは自ら増殖しませんが、食べ物を通じて体内に入ると、腸管内で増殖し、食中毒を引き起こします。

細菌が原因となる食中毒は夏場(6月~8月)に多く発生しています。

その原因となる細菌の代表的なものは、腸管出血性大腸菌 (O157、O111など)やカンピロバクター、サルモネラ菌などです。

食中毒を引き起こす細菌の多くは、室温(約20℃)で活発に増殖し始め、人間や動物の体温ぐらいの温度で増殖のスピードが最も速くなります。

また、細菌の多くは湿気を好むため、気温が高くなり始め、湿度も高くなる梅雨時に、食中毒が増え始め、例えば、O157やO111などの場合は、7~8℃ぐらいから増殖し始め、35~40℃で最も増殖が活発になります(*)。

一方、代表的なウイルスであるノロウイルスは、調理者から食品を介して感染する場合が多く、ほかに二枚貝に潜んでいることもあります。

特に冬は、ノロウイルスによる食中毒が毎年多く発生しています。

このほか、毒キノコやフグなどの「自然毒」、殺菌剤などの「化学物質」なども、食中毒の原因となっています。

このようにさまざまな原因物質によって、食中毒は1年中発生しています。

引用元-食中毒を防ぐ3つの原則・6つのポイント|食中毒の原因は何?:政府広報オンライン

下痢や発熱、悪寒があるのはインフルエンザかも・・・

風邪とインフルエンザは症状も原因も症状もはっきり異なります。

「風邪」は、のどの痛み、鼻水、咳(せき)などの症状を伴う呼吸器の急性炎症です。

発熱、頭痛、食欲不振などが起こることもあります。健康な人でも年に数回程度かかるといわれています。

「インフルエンザ」は、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。

普通の風邪よりも急激に発症し、症状が重いのが特徴。

インフルエンザに感染すると、1~5日の潜伏期間の後、38℃以上の高熱や筋肉痛などの全身症状が現れます。

健康な人であれば、その症状が3~7日間続いた後、治癒に向かいます。気管支炎や肺炎を併発しやすく、脳炎や心不全になる場合もあります。

インフルエンザウイルスには強力な感染力があり、いったん流行すると、年齢や性別を問わず、多くの人に短期間で感染が広がります。

日本では毎年11月~4月に流行が見られます。

2009年春、いわゆる「新型インフルエンザ」が流行したことは、まだ記憶に新しいでしょう。

インフルエンザの特徴

・潜伏期間 … 1~3日

・感染経路 … おもに飛沫感染(※)

・発症 … 急激に38℃以上の高熱が出る

・症状 … 悪寒、頭痛、関節痛、倦怠感などの全身症状、咳、痰(たん)、 呼吸困難、 腹痛、下痢などの胃腸症状 など

・療養期間 … 一週間程度

※飛沫とは、くしゃみや咳(せき)などで唾液や鼻水が小さな水滴となって飛び散ること。

引用元-インフルエンザ~症状と種類、予防まで~

下痢・発熱・悪寒があるインフルエンザ、その治療は?

【一般療法】

できるだけ安静にし、栄養と十分な睡眠を取ります。

インフルエンザウイルスの空気中での活動や感染を抑えるために、加湿器などで室内の湿度を50~60%に保ちます。

水分を十分に補います。お茶、スープ、ジュースなど何でもいいので飲みたいものを飲みます。

【対症療法】

発熱や関節痛などに対しては解熱鎮痛薬、鼻水やくしゃみに抗ヒスタミン薬などが用いられます。

一方、インフルエンザの症状はインフルエンザウイルスに対して免疫が正常に働いている結果であり、薬で無理に抑えないほうがよいという考え方もあります。

市販の薬を自己判断で使用することは、かえって逆効果になる場合があるので、医師の指示にしたがってください。

※解熱剤については、使用しない方がよいものもあります。

アスピリンなどのサリチル酸解熱鎮痛薬、ジクロフェナクナトリウム、メフェナム酸がその代表的なものでずが、自己判断はぜず、必ず医師に相談してください。

【抗ウイルス療法】

インフルエンザウイルスに対する治療薬として、塩酸アマンタジンとノイラミニダーゼ阻害薬があります。

塩酸アマンタジンはA型インフルエンザウイルスに有効で耐性が起こりやすいのですが、ノイラミニダーゼ阻害薬はA型、B型どちらのインフルエンザウイルスにも有効です。

但し、これらの抗ウイルス薬は発病後 48時間以内に服用しないと効果がありません。

また、現在日本ではノイラミニダーゼ阻害薬のリン酸オセルタミビルと塩酸アマンタジンを予防薬として使用することができますが、13歳以上に限るという制限など、いくつかの条件があるので医療機関に相談してください。

引用元-インフルエンザ~症状と種類、予防まで~

twitterの反応

 - 病気・薬

ページ
上部へ